電気製品を自作するのに必要な知識と部品の集め方

電化製品を自作する理由

家電量販店に行くと、沢山便利な家電製品が売られています。それでも、自作をする人達が現代でもいます。わざわざ電化製品を自作する理由としては様々あり、機械いじりが好きで作るという人もいたり好みの製品がないので自分で作るという人もいます。自作をするには、根強い人気があります。基本的な知識とパーツがあれば、誰でも電化製品を作る事は出来ます。売られている電化製品では物足りない人は、自作してみるのも良いです。

電化製品を自作するのに必要になる知識

電化製品を自作するのに必要となる知識は、本やインターネットで調べるのも良いが解体するのもお勧めになります。解体するとどんな部品が使われているのか、知る事が出来ます。そこから使える部品を取り出しておくと、自作をする時に流用する事が可能です。解体するには、ドライバーがあれば簡単に行えます。壊れたものなら解体しても問題ないが、現役の製品を解体するわけにはいかないので、部品がどこにはまっているのかデジカメなど記録しておくと良いです。このすると元に戻す時に、デジカメの画像を使って確認が出来るので安心です。

電化製品の部品の集め方

電化製品のほとんどの部品が、ホームセンターで入手出来ます。ネットショップを活用して、購入する方法もあります。部品で特に重要になるのが、プリント基板です。プリント基板は、電気製品を動かす部品を固定する役割になっています。電気製品の核になるので、なくてはならないものです。このため、これがないと電化製品を作るのは難しくなります。プリントの基盤も自作するのは難しいので、完成したプリント基板を購入する方が良いです。

プリント基板設計とは絶縁体の板の内部に電気回路の配線図をプリントしますが、その配線のレイアウトをすることを指します。