失敗しない!美容院で希望のヘアスタイルになれる方法

どういうヘアスタイルがいいのか細かく希望を伝える

こういう髪型にしてほしい、と伝えたのに出来上がりを見てみると思い描いていたヘアスタイルと違う、そんな経験はありませんか?せっかく希望を伝えても自分が思い描いているスタイルと美容師さんが思い描いたスタイルが違っていては希望のヘアスタイルにはならないですよね。短めに切ってほしい、とか芸能人の○○みたいにしてほしい、という表現は曖昧すぎます。短くするなら何センチくらい切るのか、○○みたいに肩くらいの長さで前髪は分けたい、など細かく伝えた方が美容師さんも想像がつきやすく自分の思い描いているスタイルと同じような感じになりますよ。雑誌の切り抜きを持って行って実際に見せる、というのも分かりやすいですね。

絶対にしてほしくないヘアスタイルも伝える

こうしてほしい、ということは言ってもしないで!と美容師さんに伝えること。これが実は意外に重要なんです。してほしくないことを言うのが苦手だな、とか申し訳ないなと我慢してしまっては満足いく仕上がりにはなりません。ヘアスタイルが決まらないと外出するのも気が重くなりますよね。例えば、以前こういうヘアスタイルで顔が大きく見えた、やスタイリングが難しかった、と伝えれば大丈夫。美容師さんも言って貰うことでそのようにカットなどしてくれるのでお互いに気持ちよく出来ますよ。

やって貰っている間にも注文しよう

希望のヘアスタイルを伝えて作業して貰っていると、「あれ、あまり似合っていないかも」「こうした方がいいかも」なんていうことありませんか?自分の希望するヘアスタイルが自分に似合っているかどうかは実際にやってみないと分からないですよね。頭や顔の形、大きさは人によって違います。なので似合うヘアスタイルは人それぞれ違います。もし、「あれ?」と思ったら迷わず「もう少し切ってほしい」とか希望を伝えましょう。まだ、作業している間はいくらでも変更がききます。美容師さんも似合うようにやってくれるので安心していいですよ。後で後悔するよりも思い切って声に出してみましょう。

ヘアカットの1000円は男性が使うイメージがありますが、女性のカットでも通常通りに使えるので前髪だけや襟足のみを整えたい場合でも使ってみると良いでしょう。