倉庫作業に必須!バーコードやバーコードリーダー

倉庫業務は入出庫が基本

倉庫には大小さまざまな製品や部品が保管されていますが、品物を一時的に保管しておくのが倉庫になります。工場で生産されたものが倉庫に入荷、小売店や他の工場に商品や部品を出荷すると言った具合に、倉庫は入出庫が基本になっています。入庫時にはバーコードリーダーを使ってバーコードを読み取ることで指定の品物が入荷されたことを確認する事が出来ます。また、出庫時もバーコードを読み取ることで出庫ミスを無くすことが出来るなど、倉庫内業務にはバーコード、そしてバーコードを読み取るためのバーコードリーダーが必須と言えましょう。

在庫管理と自動発注システム

倉庫内業務の一つに在庫管理があります。倉庫には毎日のように品物が入荷し、毎日出庫を繰り返しています。受注を受けると倉庫内に品物が在るのか否かを確認し、品物が無ければ納期を遅らせる、品物を注文すると言った処理が必要になります。在庫管理は現在倉庫内に特定の品物が在るのかどうかを直ぐに知るために必要な管理であり、常に受注を受けている品物などの場合は、在庫数を定めておいて、必要に応じて自動発注を行えるような受発注システムもあります。

棚卸は倉庫内作業の一つ

商品在庫は売り上げが上がる前の会社の資産の一部です。出庫されることで売り上げに計上されることになりますが、倉庫の中に保管されている品物は会社の資産であり、決算前に会社の資産を計算しておく必要があります。倉庫内の在庫品は棚卸を行って数などを調べておいて、コンピュータに登録されている数と同一になっているかの確認を行います。また、棚卸作業を行う時もバーコードリーダーを使って倉庫内の在庫品のリストを作成し、コンピュータに登録されている情報と一致しているか否かの確認を行うのが棚卸作業です。

3PLとは物流業務形態の1つで、競合他社に真似できない核となる能力を志向する企業が、企業の戦略として、物流機能の全体もしくは一部を、第3の企業に委託することで実現する事を言います。